Menu

アル・カポネも入獄した世界初の本格的な刑務所







有名なマフィア「アル・カポネ」も入獄した刑務所がアメリカのフィラデルフィアにあります。

刑務所の名は‘‘イースタン州立刑務所‘‘といい世界初の本格的な刑務所となりました。

1892年から1971年まで運営され世界中にある多くの刑務所のモデルにもなりました。

教会を参考にして建設されており、煙突のような部分は監視塔で刑務所全体を見渡せるようになっています。

現在は、人気観光スポットとなっており刑務所内部も見学する事ができます。

内部は、独房がずらりと並んでいます。

独房が刑務所に作られたのは世界初の事で各部屋にトイレも設置されました。

現在の刑務所の独房と同じ様式ですね。

また、独房にいる囚人の更生方法も考えられました。

その更生方法は、ペンシルバニア制と呼ばれ孤独の中で悔い改めるというスタイルです。

しかしその後、囚人が増えすぎたため集団生活+労働へと変化していきました。

死刑囚を収容している房もありましたが刑務所内で死刑は1度も行われていませんでした。

下の動画に出てくる赤い椅子の部屋は刑務所内にあった床屋です。

刑務所内には病院もあり囚人たちがスポーツをする広場もありました。

病院の前には赤十字マークが分かりやすく刻まれています。

上記でご紹介した「アル・カポネ」ですが、他の囚人とは違い高待遇を受けていました。

アル・カポネ専用の独房は、まるでホテルの一室のようですね。

イースタン州立刑務所では、ハロウィンの時期になると恐怖イベントが開催されており人気を集めています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください