Menu

インドの刑務所はスパイスの香り?




インドのバンガロールにある刑務所では、短期受刑者ですら保釈を拒否して服役を選択するそうです。

なんと、この刑務所に入りたいがために未成年の犯罪者は年齢を偽るというから驚きです。

そこまでして、受刑者が刑務所を出たがらない理由は、「食事」だそうです。

食事のメニューは、野菜と豆のカレー・ご飯・バターミルクとなっています。

祭日や「独立記念日」にはデザートが付きます。

この刑務所に収容されている受刑者は、「ここにいれば、1日3食美味しい食事が食べられるから、わざわざ外に帰りたくない」と語っています。

食事面での保証が一番のようですね。



インドでは刑務所体験もやっているようなので勇気のある方は体験してみてはどうでしょうか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください