Menu

フランスにも存在した監獄島




牢獄研究会の皆様が作られた本「図解 牢獄・脱獄」を読んでいた所、大変興味深い島を発見致しました。

その名前は「悪魔島」といってフランス版の監獄島だそうです!!

サンフランシスコにある監獄島のアルカトラズ島は有名で知っていたのですが「悪魔島」は知らなかった為、大変驚きました。

しかも、Twitterのフォロワー様の情報によれば映画「パピヨン」の舞台になった島だったようです。


下記が「悪魔島」が舞台となった映画「パピヨン」です📷

あらすじは、無実の罪を着せられたパピヨンというあだ名の男が「悪魔島」から脱獄をするストーリーです。

しかも、驚いたことに・・映画「パピヨン」は、実際にあった話らしいです!!

「パピヨン」の原作者であるアンリ・シャリエールはイカダを使い脱獄に成功しています!!

映画「パピヨン」気になる方は是非、見てみて下さいね。

「悪魔島」の面積は、役140.000㎡で東京ドーム3個分の大きさらしいです。

刑務所の開設は、1852年で1952年に閉鎖されるまで8万人が送り込まれました。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください