Menu

札幌刑務所4泊5日★

今回ご紹介したいのは、東直己(あずま・なおみ)さんの「札幌刑務所4泊5日」です。



作者の東さんは、時速30キロのところを時速48キロで走り違反になったそうです。

ほとんどの人は、労役で刑務所へ行きたくないと思ってすぐに罰金を払うと思うのですが

刑務所生活をどうしても体験してみたかった東さんは、交通違反の罰金を払わないというのを粘り続け刑務所生活を体験することに成功したそうです。



どうしても刑務所に入りたい東さんと、刑務所に入れたくない検察とのやり取りが面白かったです。

※最初、誤って警察と表記してしまっていましたがお世話になっているフォロワー様が検察だと教えて下さいました!!有難うございます。



無事?刑務所に入所する事になった東さんは全裸で身体検査を受けた後、生まれて初めて囚人服を着る事になりました。

札幌刑務所の囚人服は、小豆色と茶色の中間色で厚手のゴワゴワした布で作られていたそうです。

いわゆる「人前には出られない」服装だったそうで、もしそれが目的でこの服をデザインしたならデザイナーを賞賛したいと述べられていました。



刑務所関連の本には必ず出てくるムショメシの話ですが「札幌刑務所4泊5日」でも勿論出てきました。

札幌刑務所のムショメシはやや化学調味料の匂いは強いものの味はそれなりだったようです。

栄養バランスも取れており理想的な食事と表現されていました。



映画「刑務所の中」でも登場した刑務所内のラジオ番組についてですが、「札幌刑務所4泊5日」でも触れられていました♪

東さんが言うには「演歌」が多かったそうです(笑)

刑務所のラジオ番組は、冒頭可愛らしい女の子の声で「受刑者のみなさんコンバンハ」から始まり受刑者の手紙を紹介するコーナーがあります。

お便り紹介の後は、演歌が延々と流れるそうです。



気になる労役のお仕事内容は・・・メガネ屋さんの紙袋を畳む作業だったの事です。

仕事はなかなか楽しかったようですよ。

私もこういう作業は、結構好きです☆彡



特に気になったのはこちらの「真珠物語」です✨

男性の中には、ペニスにイボイボを施して、これで女性を虜にしようとする連中がいるそうです。

刑務所では、このイボイボがペニスに入っていないか検査をされます。

しかも、このイボイボは自分で埋め込むらしく女である私が想像しても、かなり痛いだろうなあと感じました。



たった4泊5日の刑務所生活を送っただけの東さんでしたが、友人から〔札幌刑務所内受刑者 東直己〕宛に葉書が届いたそうです💌

手紙の内容は
「ちゃんと反省して、真人間になってください」とフザケタ?ことが書かれていたそうです(笑)

ご友人のセンスが最高ですよね😊



札幌刑務所4泊5日の生活を終えて無事、出所した東さん

家に勧誘とかが来たら

「実は…私、刑務所に入った人間なんですよ…。」といえば相手は口ごもって何も言わなくなるそうです。

結果、100%断る事が出来るそうです。



今回紹介した内容の他に、入浴・お茶の時間🍵・健康診断・免業日などについても

詳しく書かれてますので気になる方は、是非読んでみて下さいね♪





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください