Menu

刑務官が語るリアルすぎる「刑務所の危ない話」・・・



先日、「刑務官が明かす刑務所の危ない話」を購入しました。

刑務官目線で語られていて内容は結構怖いです。

グロいシーンも多いですが漫画なので楽しんで読む事が出来ます。

体調が悪い受刑者をおんぶして移動したり、夏場もクーラーなしでボロボロの布団で寝たり読んでいて刑務官の仕事は本当に大変だなあと思いました。

グロイシーンが多いので載せれるシーンを一部分だけご紹介しますね!!

①刑務所内の床屋

床屋を任されている受刑者は「上玉」と呼ばれるエリート受刑者です。

値段は、カットと髭剃りで800円だそうで、かなり安いですよね。

②刑務所の夏は地獄

刑務官の仮眠室は受刑者の部屋と同じでクーラーは付いていません。

布団も使いまわしの為、ニオイもかなりきついそうです。

③女子刑務官の髪型図鑑

髪型は、お団子とショートの2種類のみと決まっています。

ポニーテールやロングヘアだと受刑者に引っ張られる危険があるからだそうです。

④女子刑務官は基本ズボン

スカートを履くのは研修の式典1回のみです。

確かにスカートだと動きにくいですもんね。

⑤2002年まであった革手錠

2002年までは手首が繋がっている革手錠を装着されたまま懲罰を受けさせられていたようです。

その為、食事も犬食いが普通でした。

しかし、2002年に革手錠をして懲罰を受けさせられた受刑者が腹部を強く締め上げられた事が原因で亡くなってしまったのをきっかけに廃止されました。

⑥刑務所侵入事件は意外と多い?

刑務所に侵入した女性の目的は彼氏に会うため

男性の目的は被告人の女性に一目惚れしてしまい会うために侵入しました。

刑務所に侵入するって逆効果なような気がしますが意外とよくある事なのですね。

⑦刑務所で丸坊主の理由

1つ目は、シラミなどを取り除き衛生的にしておく為

2つ目は、受刑者が脱走した時、坊主だと見つけやすいからだそうです。

⑧世界の囚人服事情

アメリカはあえて目立つオレンジ色の囚人服になっています。

昔のイギリスの囚人服は、なんと15kgもあったそうです。

めちゃくちゃ重たいですよね。

⑨誕生日にメチルアルコールで乾杯し死亡

これは、某少年刑務所で誕生日を迎えた少年受刑者2名がお祝いにメチルアルコールを飲み亡くなったという事件です。

アルコールという名前が付いているからつい飲んでしまったのでしょうか?

まとめ

ここで紹介した部分はほんの一部です。

リアルすぎて漫画を読み終えた後は、どっと疲れます。

刑務所の怖い部分を観たい方にはかなりお勧めの漫画です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください